『陸王』見せ場の“BGM”にブーイングの嵐! 「なぜその選曲?」「違和感だらけ」と大不評

 10月29日午後9時から第2話が放送される、池井戸潤原作の役所広司主演ドラマ『陸王』(TBS系)。視聴率は初回14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の好スタートを切っている。

1710_rikuou_1.jpg

 同ドラマの主人公・宮沢紘一(役所)は、埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長として日々奮闘していたが、年々先細る足袋の需要から、資金繰りに悩む月日を過ごしていた。

 第1話で、銀行の企業融資担当・坂本(風間俊介)から、「新規事業に踏み出してみてはどうか」と提案をされた宮沢は、これまで培った足袋の製造技術が生かせる“裸足感覚”を追及したランニングシューズの開発を閃く。

 経営が苦しい中、従業員にはサービス残業でランニングシューズの開発に協力してもらい、ついに納得のいくものを仕上げることに成功。しかし、実績がない「こはぜ屋」は売り込みの段階でつまずいてしまい、ランナーに履いてもらうことすらできない。また、現状のランニングシューズでは、耐久性の点から大会用ではなく、走法の矯正用としてしか使えないという指摘も受けることに。

 そこで宮沢は実績作りのため、つい先日、息子の大地(山崎賢人)と観戦した国際マラソン選手権の実業団ランナー・茂木(竹内涼真)に、シューズを履いてもらうよう交渉しにいく。茂木はこの大会で足を怪我してリハビリ中だけに、試してもらうには絶好の相手と思われたが、宮沢は門前払いされ、茂木に会うことすらできずじまいだった。

「ドラマ終盤で思い悩んだ宮沢が、自分の開発したランニングシューズで夜の街を駆けるシーンがありました。この盛り上がり絶頂の時に、BGMとして、女性ボーカルグループ『Little Glee Monster』による平原綾香の楽曲『Jupiter』のカバーが流れたのですが、この演出に興ざめする人が多かったようです」(芸能ライター)

 ネット上では、「突然のジュピターが浮きすぎてて、違和感だらけ」「ドラマに集中できなかった」「雰囲気に全然合ってないし、そもそもカバー曲である意味もわからん。せめて平原綾香バージョンにしてあげて」「毎回良いシーンでこれを流すのかな。今回だけにしてほしい」といった声が多数上がり、今後も曲が流れるたびにブーイングが起こりそうな気配がある。

 第2話では、ランニングシューズを「陸王」と名付けた宮沢が、さらに開発を進めていく。ポイントとなるのは靴底のソール部分で、これまでの生ゴムでは、ランニングシューズとして求められる耐久性が望めないため、強化を試みることに。そこで宮沢は、特殊素材「シルクレイ」に着目したものの、その特許を持つ飯山(寺尾聰)は、2年前に自社を倒産させてしまい、それから消息不明になっていた。

「予告映像には、飯山からお金を要求された宮沢が、1億円を集めようとしているシーンが挿入されていました。池井戸作品ではお馴染みの“融資”の話だけに、視聴者も興味しんしんのようです」(同)

 一部視聴者からは、「池井戸作品のドラマはどれも似たような展開」「既視感が強いドラマ」ともいわれている『陸王』。果たして第2話の視聴率は上がるのか下がるのか。今後の行く末を占う回になりそうだ。

≫≫ただただ感謝の一言です!≪≪
fi02iiri222.jpg



☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
鷲見玲奈アナのケツがデカ過ぎてエロ過ぎる!【画像】大きいのは乳だけじゃなかった!

星野源、高橋一生、ムロツヨシ……Twitter女子が彼らの妄想ツイートに精を出すワケ

錦織圭と観月あこに破局報道!観月、ジャニーズJr.と浮気か?錦織の海外遠征中にデートの情報

新垣結衣、メンタル崩壊!表情筋が動ず目が死んでる!川島海荷、のん、清水富美加、マギーのとばっちりがガッキーに!

夏目三久もヌード披露!田中みな実より話題になること必至!

石原さとみと山下智久、破局していた! ジャニーズ側は「そもそも交際してない」一点張り!?

やっぱり芦田愛菜は別格!? ブレーク果たした松岡茉優と、逆転された“天才子役たち”の現在